子供に不憫な思いはさせたくない!

学校のお金を払えないことは、親として子供に不憫な思いをさせやく無いと言う気持ちがあります。

 

やはり子供が学校のお金で払えないことでいじめられたりしないかと、気になるものです。

 

しかし、お金がないのも嘘ではなく、本当に厳しい状況もあります。

 

学校のお金は、すぐに出せる現金でないといけないので、余計に焦ってしまいます。

 

特に集金は、周りも早くお金を持ってくるので、あんまりにも遅いと、目立ってしまいます。

 

子供が集金集めの時に、変な苦労をしないように、基本的には、翌日に持たせるようにしています。

 

集金を1週間ももってこなかったら、やはりそれは浮いてしまいます

 

たまたまうちの学校が、集金の集まりが早いからなのかもしれませんが、通常は1週間も集金を出せないと、明らかに先生から催促の連絡が入ります。

 

その時に、「忘れていました!」と、すぐにお金を出せる状況だったら、まだ良いですが、先生の催促があったにも拘わらず、集金が出せないとなると、やっぱり「あれ?」となるわけです。

 

しかし、自分の家の家計の苦しさを、学校に出向いたり、電話で先生に相談するのも、親として恥ずかしい物です。

 

やはり子供だってそうですが、親だって「あの家、相当苦しいんだね〜」って思われたくないものです。

 

学校に通う年数が多い小学校だけに、咄嗟の現金集金や学校給食費の問題はかなり根深い物があります。

 

下手にお金で浮いた一家になりたくないものです。

学校にお金の問題を言い出せない

特に「もう少し待ってもらえれば何とかできるレベル」の人は、余計に学校にお金の相談をしにくいと思います。

 

完全にどうしようもないくらい、本当にお金が困っていれば、学校の先生に相談をしないと、いつまで経っても支払いができませんので、ずっと迷惑をかけることになってしまいます。

 

そういう場合は、学校に相談して、給食費の免除などをしっかり考えないと、滞納だけが積み重なり、最悪の場合は、自分の子供の給食だけ、配膳されなくなる可能性も出てきます。

 

そこまで子供に恥をかかせることになってしまうと、さすがに周りにも給食費を滞納していることがばれてしまいます。

 

子供はそういうのに敏感になってきますので、それがきっかけで、いじめが始まる可能性もあります。

 

そうした最悪なケースを避けるためにも、本当に厳しい場合は、早めに担任に相談をしましょう。

 

給食費の未払いによって、裁判にでもなってしまったら、それこそ大変なことになってしまいます。

 

最近は、給食費の滞納問題が深刻で、悪質と判断された場合は、裁判になる可能性もあると言われています。

 

それだけに、親がつまらない見栄を張っていると、滞納問題が大変なことになってしまいます。

 

時間を貰えば、払えそうな場合も、連絡帳などに一言書いて知らせておくか、もしくは学校に連絡を入れて、しばらく待ってもらうことを伝えておくことが大事です。

 

無言でいつまでも集金を出さないのは、信頼関係を損ねてしまいます。

 

学校のお金はコレで乗り切りました!記事一覧

学校のお金が少しでも欲しい場合、手っ取り早い方法としては、『日払いのアルバイト』をすることです。1万円位だったら、日払いのアルバイトが一番確実で、早く手に入ります。しかし、日払いのアルバイトは、登録制のアルバイトのケースが多いので、登録だけは早くから行っておいた方が良いです。いざやりたい仕事が見つかっても、そこから面接などを受けて、登録になるので、万が一面接が受からなかった場合は、時間がかかってし...

学校のお金のように、『現金』が欲しい時に、意外に便利なのがリサイクルショップです。リサイクルショップの良い所は、とにかくお店の数が多くて、すぐにでも現金化できるところ!それこそ、売る物さえあれば、その日のうちに学校のお金を用意することが出来ます!主婦でも気軽に利用できますし、部屋から不用品がなくなることによって、部屋の整頓もできます。物が多い家では、リサイクルショップの利用はかなりおすすめです。沢...

学校のお金が足りない状況がずっと続く場合は、長期的な節約を考えて、安い物件へ引っ越しをするのも一つの手段です。既に住宅ローンで持ち家の人にはなかなかできない決断ですが、賃貸暮らしをしている人だったら、実践してみる価値があります。というのも、月の生活費の中で、おそらく一番大きな出費の一つが家賃だからです。家賃が安くなることで、毎月の固定費も少なくなるので、それだけ自由に使えるお金が多くなります。たっ...

毎月の出費で、家賃に次いで大きな問題になりやすいのがスマホなどの通信費です。特に家族でドコモやソフトバンクなどのスマホを所有していると、それだけで月々5千円以上かかりますので、人数が多ければ多いほど、かなりの出費になってしまいます。また、学生さんは使用頻度も多いので、中には10万円越えの高額請求があったり、色々なトラブルも報告されています。そのため、スマホ代の節約は、改善の余地があります。しかもス...

日払いのアルバイトや、リサイクルショップを利用しても、やはり用意できるお金には限度があります。学校の費用でも、集金や給食費だったら日払いのアルバイトでも良いのですが、高校や大学の入学費用となってくると、とても日払いのアルバイトや、リサイクルショップでの現金化だけでは、お金が十分に準備できません!やはり数十万円〜数百万円というまとまったお金が必要になってくる場合は、カードローンやキャッシングじゃない...

身内からお金を貸してもらうことは、消費者金融業者とは違い、金利がかからないことが魅力です。借金返済の多くの場合、利息の返済が大変で、元本がなかなか減らないというのが大きな問題になっていますので、元本だけを減らしていける身内からの借金は非常に楽です。これが消費者金融業者という他人からお金を借りることとの一番の違いです。ただし、身内からお金を借りるのは、やはり数万円程度の金額で、すぐに返済をするのであ...

毎月のお給料で足りないのであれば、やはり残る手段は『副業』になってきます。やはり、足りないのであれば、『増やす』のが当然です。カードローンやキャッシングはどうしても抵抗があると言う人は、副業やWワークで、学校の費用を貯めるのもおススメです。ただし、副業やWワークは、自分の時間を取られます!昼間に仕事をしている人なんかは、かなりきつくなってきます。あんまりにも寝不足が続いて、勤務態度が悪くなってしま...

旦那さんの協力さえ取り付けることができるのであれば、一番お勧めしたいのが、『転職による年収UP』です。急には転職できませんが、長期的な目で見た時には、実はこの方法が一番良いと思います。というのも、やはり女性は、小さな下の兄弟や姉妹の面倒を見ている可能性もありますので、そう簡単に働きに出られないという条件の人も沢山いると思います。私も下の子供がまだまだ小さく、幼稚園に行っていた時には、働けない状態で...