メリット:その場はなんとかしのげる!

学校のお金が少しでも欲しい場合、手っ取り早い方法としては、『日払いのアルバイト』をすることです。

 

1万円位だったら、日払いのアルバイトが一番確実で、早く手に入ります。

 

しかし、日払いのアルバイトは、登録制のアルバイトのケースが多いので、登録だけは早くから行っておいた方が良いです。

 

いざやりたい仕事が見つかっても、そこから面接などを受けて、登録になるので、万が一面接が受からなかった場合は、時間がかかってしまいます。

 

一回登録をしておけば、あとは「来月学校のお金が足りなそうだから、いまのうちに何回か働いておこう」と、予定を立てることができます。

 

少しの金額であれば、アルバイトはやはり効果的な対策です。

 

専業主婦だったら、空いた時間にやってみたり、昼間の仕事をしている人だったら、夜にWワークをすると、学校のお金は大体カバーできます。

 

専業主婦の中には、長年主婦をした結果、外に出ることが怖くなってしまっている人もいます。

 

しかし、経済的に旦那さんのお給料だけでは厳しくなっている場合、奥さんも働かないと、やはり現実的には難しいと思います。

 

旦那さんのお給料だけでやっていけることが理想ですが、やはり子供の学校のお金が支払えないほど、生活に困窮している場合は、母親も働くべきです。

 

母親が「働くのが嫌だ」とか、「人間関係が面倒くさい」という理由で働かず、子供の学校のお金を滞納しているのは、やはり親として大変恥ずかしい事だと思います。

 

難点:長期的には不安が残る

ただ、長期的なアルバイトを続ける気持ちが少なく、職場の人間関係などもあんまり煩わされたくないと言う場合は、やはり日払いのアルバイトの方が、その場その場で終われるので、気楽という部分もあります。

 

学校のお金が慢性的に足りないようであれば、日払いではなく、長期のアルバイトをしてしまっても良いですね。

 

一度人間関係が出来てしまい、それがずっと続く方が楽っていう人もいますので、そういう人は、日払いよりも普通のアルバイトを続けて、お友達を作りながら働いた方が、気分転換にもなります。

 

最初は仕事を始めることがイヤイヤだった人も、実際に働いてみると、アルバイトで同じような境遇な人と出会い、意気投合して仲良くなってしまう人もいます。

 

すると、アルバイトの仕事が、嘘のように楽しくなり、それこそ日頃のストレスを解消する憩いの場に感じられることもあります。

 

これまで自宅にずっとこもっていた人は、他人に気を遣うことに慣れていなくて、最初は気が張るかもしれませんが、一度飛び出してしまうと、それはそれで楽しかったりします。

 

嫌なこともありますが、新しい出会いや、学校のお金のことで悩まなくなったりもしますので、良いこともたくさんあります!

 

日払いの短気のアルバイトにするか、長期的なアルバイトにするかは、個人の性格もあると思いますので、自分が働きやすい方で良いと思います。

 

それでも、どうしても緊急でお金が欲しい時は、日払いじゃないと、すぐにはお金が手に入りません。

 

関連ページ

売れるものはリサイクルショップへ
リサイクルショップを利用した金策は手堅い!
安い物件へ引っ越しも!
賃貸物件住まいだったら考えて損はなし!
一家で携帯やスマホを格安SIMへ
家族全員で格安SIMに変えよう!
キャッシングやカードローン
キャッシングは大きなお金が必要な時に!
やっぱり最後は身内!
金策の最終手段はやっぱり親や親戚!
副業が可能であればWワーク!
余裕があればWワークも◎!
年収UPの転職を考える
最終的には年収を上げることが一番の解決!