メリット:長期的な節約につながる!

学校のお金が足りない状況がずっと続く場合は、長期的な節約を考えて、安い物件へ引っ越しをするのも一つの手段です。

 

既に住宅ローンで持ち家の人にはなかなかできない決断ですが、賃貸暮らしをしている人だったら、実践してみる価値があります。

 

というのも、月の生活費の中で、おそらく一番大きな出費の一つが家賃だからです。

 

家賃が安くなることで、毎月の固定費も少なくなるので、それだけ自由に使えるお金が多くなります。

 

たった5000円くらいの違いだったら、引っ越しをしないで、節約をしたほうが良いですが、やはり家賃で2万円や3万円位の差が出てくるようだと、引っ越しをしたほうが、子供の学費で困ることが少なくなります。

 

節約において、一番大事なことは、固定費を安くすることだと言われています。

 

そのため、家賃を節約することは、一気に大きな節約につながりますので、やる意味があります。

 

食費の場合、2、3万円も節約してしまうと、今度は栄養バランスが崩れてしまい、体調を悪くする危険性がありますので、食費での節約は、限度があります。

 

普段から食品を腐らせるほど無駄使いをしている場合は、ある程度食費を削っても良いですが、普通に食べている分には、あまり食費を削り過ぎない方が、家族の健康のためになります。

 

無理して食費を節約した結果、病気になりやすくなってしまい、医者にかかることになってしまったら、無駄な医療費がかかることになり、元も子もありません。

 

難点:初期費用がかかる

ただし、安い物件への引っ越しは、一点大きな問題があります。

 

それは、初期の引っ越し費用です。

 

引っ越しは退去の時にも、原状回復である程度お金がかかり、新居でも敷金や礼金などでお金がかかります。

 

何十万円もお金がかかりますので、貯金に余裕がない家にとっては、安い物件に引っ越しをしたくても、出来ない状態になってしまいます。

 

もしもお金がどうしても足りない場合は、カードローンやキャッシングでお金を借りて、引っ越しをする手段もありますが、それ以外にも、自治体に生活福祉資金制度を利用して、お金を借りることもできます。

 

生活福祉資金制度は、どっちかというと、かなり低所得で、生活に苦しんでいる人が対象になりますので、子供の学費が支払えないで悩んでいる人には、非常に頼りになる国の制度です。

 

生活福祉資金制度は、消費者金融業者のように金利が高くありませんし、自治体から借り入れるので、安心感があります。

 

また、低所得だと、普通は消費者金融業者や銀行から新規の借り入れを断れることが多いですが、生活福祉資金制度の場合は、収入が低い人が対象になっていますので、カードローンやキャッシングで落ちてしまった人の最後の砦になります。

 

生活福祉資金制度は、生活を立て直すためのお金を貸しているので、安い物件への引っ越し費用を欲しいと言う希望は、生活福祉資金制度の目的にも合致しています。

 

引っ越し費用は、初期費用だけ何とか用意できれば、家賃の負担が減って、かなり楽な生活になるのでおすすめです。

 

関連ページ

日払いのアルバイトをする!
日払いのアルバイトで学校のお金を工面!
売れるものはリサイクルショップへ
リサイクルショップを利用した金策は手堅い!
一家で携帯やスマホを格安SIMへ
家族全員で格安SIMに変えよう!
キャッシングやカードローン
キャッシングは大きなお金が必要な時に!
やっぱり最後は身内!
金策の最終手段はやっぱり親や親戚!
副業が可能であればWワーク!
余裕があればWワークも◎!
年収UPの転職を考える
最終的には年収を上げることが一番の解決!