メリット:家族でやればかなりの節約

毎月の出費で、家賃に次いで大きな問題になりやすいのがスマホなどの通信費です。

 

特に家族でドコモやソフトバンクなどのスマホを所有していると、それだけで月々5千円以上かかりますので、人数が多ければ多いほど、かなりの出費になってしまいます。

 

また、学生さんは使用頻度も多いので、中には10万円越えの高額請求があったり、色々なトラブルも報告されています。

 

そのため、スマホ代の節約は、改善の余地があります。

 

しかもスマホの費用は、一人だけではなく、家族全員で行えば、かなりの効果が出てきます。

 

スマホを使っている人数が多い場合は、一人一人でやるのではなく、家族全員で、節約をするのがポイントです。

 

具体的なスマホの節約方法としては、やはり格安SIMを利用するのが一番です。

 

基本使用料が断然安くなりますので、それだけでかなりの節約効果が期待できます!

 

料金面では、特に通話よりも、パケット通信をよく利用する人に、格安SIMは有利です。

 

通話メインの人は、基本の3ケータイキャリアに加入している方が良い場合もあります。

 

通話が多い人なのか、パケット通信が多い人なのか、まずはしっかり見極めましょう。

 

そしてその結果、パケット通信が多いのであれば、やはり思い切って、格安SIMへ変えてしまったほうが、月々の料金が断然安くなりますので、節約効果が大きくなります。

 

浮いたお金によって、学校の費用も余裕が出てくると思いますので、パケット通信料が高い人は検討してみましょう。

難点:キャリアメールにこだわりがある人は難しい

しかし、格安SIMにも問題はあります。

 

ケータイキャリアをやめ、格安SIMを利用することによって、一番ネックになってしまうのは、やはり『キャリアメール』を使えなくなってしまうことです。

 

スマホの番号は、格安SIMにしても、変わらないで済みますが、キャリアメールだけは、ケータイキャリアをやめてしまえば、使えなくなってしまいます。

 

これまで長くキャリアメールを使ってきた人にとっては、格安SIMへうつる最大の問題になります。

 

メールが変われば、多くの人に連絡をしないといけないという問題もありますので、やはり色々と考えてしまいます。

 

面倒なことがあるので、キャリアメールをなかなか捨てるのが惜しくなってしまいます。

 

そのため、格安SIMへ移行する時には、gmailでアドレスを作っておき、徐々にキャリアメールから、gmailへお知らせを送っておくとよいと思います。

 

gmailが使えるようになってくると、キャリアメールの不便はあんまり感じられなくなってきます。

 

また、最近はメールよりも、ラインでやり取りをすることも多くなっているので、ラインIDさえあればいいと言う人もいます。

 

ケータイキャリアのスマホの料金は維持しているだけで高いので、格安SIMへの移行は、節約を考えた時には、非常に魅力的です。

 

特に通話をあんまりしない人は、格安SIMのメリットの方が大きくなってきますので、慣れてしまうまで少しの辛抱です。

 

 

関連ページ

日払いのアルバイトをする!
日払いのアルバイトで学校のお金を工面!
売れるものはリサイクルショップへ
リサイクルショップを利用した金策は手堅い!
安い物件へ引っ越しも!
賃貸物件住まいだったら考えて損はなし!
キャッシングやカードローン
キャッシングは大きなお金が必要な時に!
やっぱり最後は身内!
金策の最終手段はやっぱり親や親戚!
副業が可能であればWワーク!
余裕があればWワークも◎!
年収UPの転職を考える
最終的には年収を上げることが一番の解決!