メリット:金利なしで安心して借りれる

身内からお金を貸してもらうことは、消費者金融業者とは違い、金利がかからないことが魅力です。

 

借金返済の多くの場合、利息の返済が大変で、元本がなかなか減らないというのが大きな問題になっていますので、元本だけを減らしていける身内からの借金は非常に楽です。

 

これが消費者金融業者という他人からお金を借りることとの一番の違いです。

 

ただし、身内からお金を借りるのは、やはり数万円程度の金額で、すぐに返済をするのであれば、よほど実家の経済力が苦しくない限りは、大体は貸して貰えます。

 

ただし、100万円や50万円などの、まとまったお金をちょくちょく借りるとなると、さすがに親でも貸してくれるわけではありません。

 

そのため、身内にお金を借りる時には、出来るだけ小さな金額の方が言いやすいです。

 

身内に経済力に余裕がある人がいても、その人が貸してくれる保証はありません。

 

経済的に余裕がある人の中には、やはりお金があってもケチな人というのがいます。

 

そういう人は、やはりお金を貸してほしいと寄ってくる人を、だらしないと考えている人もいますので、貸してくれないケースも結構多いのです。

 

「お金がある=貸してくれる確立が高い」というわけではありません。

 

そのため、身内にお金のお願いをする時でも、ちゃんと性格などを考えて、人を選んでお願いをするべきです。

 

あまり経済的に余裕がない人の方が、同じ境遇を経験していることから、意外にお金を貸してくれるなんてことも多いです。

難点:身内だからこその恥ずかしさ

ただし、消費者金融業者からお金を借りることは、ある意味『気楽』でもあります。

 

知らない人だからこそ、気軽にお金を借りることができますが、身内だからこそ、お金を貸してほしいと、言いにくい部分もあります。

 

面と向かって、人にお金を借りることはかなり勇気が要ります。

 

それが、最初の一回だったら良いのですが、何度も何度も重なってくると、さすがに身内とはいえ、借りにくくなってしまいます。

 

また、返済が遅れるようになってしまうと、それが身内の間で広まり、「あの子はお金で困って、身内に無心を要求してくるから気を付けたほうが良い」と言われるようになってしまう可能性もあります。

 

身内の間で、あんまりにもお金のトラブルメーカーのように扱われてしまうと、肩身が狭くなり、親族の集まりなどに出席するのも辛くなります。

 

そのためには、返済はしっかり行わないといけません。

 

利息を取られない分、ちゃんと約束した通りに、身内に返済をしていかないと、失う信頼が非常に大きくなってしまいます。

 

消費者金融業者から信用を失うと、大事な身内から信用を失うのでは、ある意味身内から信用を失うことの方が、何倍も辛い事です。

 

消費者金融業者にも、身内にも、お金を借りる時には、それだけデメリットとなるリスクを背負う覚悟が必要です。

 

早く返済をすれば、逆に信用を高めることになりますので、お金を借りる時には、何よりも返済計画を大事にするようにしましょう。

 

関連ページ

日払いのアルバイトをする!
日払いのアルバイトで学校のお金を工面!
売れるものはリサイクルショップへ
リサイクルショップを利用した金策は手堅い!
安い物件へ引っ越しも!
賃貸物件住まいだったら考えて損はなし!
一家で携帯やスマホを格安SIMへ
家族全員で格安SIMに変えよう!
キャッシングやカードローン
キャッシングは大きなお金が必要な時に!
副業が可能であればWワーク!
余裕があればWワークも◎!
年収UPの転職を考える
最終的には年収を上げることが一番の解決!